blog - 作品

変わらぬ愛

20171016-122102.jpg
妊娠してからは
絵を描くエネルギーが沸かなかった。
命を育むだけで精一杯大変で。
今は、外へ表現する時期ではないんだな、と感じていた。

妊娠9ヶ月に入った先日、
大好きな方の訃報を聞いた。
悲しくて悲しくて信じられなかった。

残された旦那さんになにかできないかと思い、8ヶ月ぶりに、自然と絵を描き出す自分がいた。

目を閉じて、心を真っ白にする。
2人が幸せなひかりに包まれますようにと祈りを込める。

祈りは、私の手の中で黄色いひかりに変わる。

そんな中、
亡くなった奥様の変わらぬ愛を感じた。

絵を描き終わり、1番救われたのは私自身だった。

旦那さんが辛いとき
奥様はそばにいる。
変わらぬ愛がそこにはある。
そう分かったから。

絵があってよかった。
おかげで優しい声が聞こえてきた。

世界は愛で包まれている。

< リストに戻る

Page Top