blog - 育児日記

箱庭wsへの想い

”自分が1番大切な想いは
人に言いたくない。”

高校の頃の話を少し。

12月頃のこと。
美術の授業で「箱庭を作ろう」
と課題があった。

その頃、父が大病を患い
長期入院していた。

さみしい病室が明るくなるように
クリスマスの飾りを
箱庭にたくさんちりばめた。
雪だるまやツリーや星。

父が元気になるようにたくさん想いを込めて作った。

だけど
先生には
「らしくない表現!どうしたんですか?」と驚かれた。
いつもは高評価してくれる先生からの言葉。

私はそう言われたことが
ショックでそれからはなにも
喋れなかった。

自分の大切な本当の想いを
先生に話して
もしこれ以上否定されたら
辛くて耐えられないからだった。


家族が元気で幸せだから
自分の世界を表現する
ことに集中できてたんだと
気づいた。


今思えば、本当の想いを
話せばよかったと分かる。
ちゃんと理解してくれる
先生だった。

だけど私当時の私は
怖くて逃げた。



そんな感じで
1番大切な想いは
人に話さないところがあった。





今回お絵描き教室で
箱庭を作ろうと準備をしていて
昔のことを思い出した。


やはり芸術は自分のためのものだと。
他人から評価してもらうものではない。


4月から新しい環境がはじまる。
嬉しさや、不安。
言葉にできない想いを
たくさん表現してほしい。


お絵描き教室ぺたは、
誰かに話したくない想いを
創作活動によってはきだし、
美しく昇華していけるような
そんな場所でありたい。

< リストに戻る

Page Top