Happy Birthday Dear my Daughter!

1年前の今日、夜中に陣痛がはじまりました。

その夜は生まれてはじめてひかりが、ばあちゃんと寝る、
と言って本当にばあちゃんのところで寝ました。

そして、
さっきソファで眠ってしまったひかり。

運ぶと起きてしまうので、
起きたら分かるようにドアを開けっ放し、
となりの寝室で娘に授乳してた。
夫も寝室で横になっていた。

ふと、ひかりの声が聞こえたので
夫に声をかける。

急いでリビングへ走る夫。
あれ?
まだ寝てる。

またしばらくして
ひかりがひたひたと歩いてくる気配がした。
あれ???こない。
リビングをのぞくも、まだ寝てる。

夫に言うと
夫もさっきからずっとひかりの気配を感じてるらしい。

さっき、声が聞こえたと私に言われた時、
急いで戻るひかりの後姿を天井あたりで見たらしい。笑

一緒にいたいよね。
起きてもいいから運ぼうかっ。

今日は珍しくよく寝てる。

そして、多分、

あの陣痛の時も、
出産の時も、
もしかしたらそのずっと前から。。。。
ひかりはこんな風にわたしのことをのぞいててくれたのかな、と思った。

肉体はそこになくても
こころはきっといつも傍でいる。

妹が産まれてくる時、
だれよりも鋭く全てを察し
ママが一番集中できるようにしてくれて
優しい優しい
おにいちゃんだったね。

今はけんかばかりしてるけど、
きっとこれからも
ひかりは生まれてきた時と同じように
やっぱりおにいちゃんなんだろうな。

妹を喜んで迎えてくれてありがとう。

これからもずっと一緒に過ごそう。
こころはきっといつも傍でいる。

12308488_1020065688059887_7303381070185004274_n
タイトル「出産」

受胎

20160521-011511.jpg
四年前、息子を受胎した時のこと。
鮮明に覚えている。

なぜだかやたらとパワーがみなぎってくる。すごいエネルギー。

あ、これきてくれた。

確信した。

娘の時の柔らかなエネルギーとは違い
パワーあふれる感じ。

彼を受胎してから
わたしは全てを放棄せざるおえなくなった。

抱えていたものを全て手放す。

そして嘘のように辛かった持病が治った。

わたしは息子にどれだけ助けられただろう。愛されているだろう。

ウェルカムボード

20160508-085226.jpg
妹の結婚式でウェルカムボードをつくりました。
喜んでもらえてよかった。

大好きな友人へ

20160507-162713.jpg

大好きな友人が妊娠したと聞いて嬉しくて、しあわせな赤ちゃんとの時間をイメージして絵を描いた。

凛としたブルーを纏う彼女があたたかい黄色とピンクのひかりに包まれてる。

ウェルカムボード完成!

写真-(39)
できたー!!!!
3時間でなんとか、なんとか、納得いくものに仕上がりました。涙

本当に時間がなくて
どうしようかと思ったけど
なんとかなるもんですね。

娘が発熱で外出できないので
額を買いに行くのは母にお願いしました。
当日どうなってるか楽しみ♪

やっぱり連休に必ず熱出す娘。。。
気管支がちょっと嫌な予感するので最大限注意を払おう。。。

世界で一番美しいもの

20160422-215045.jpg

今日は息子の遠足だった。
2日前に39度まで発熱後、平熱まで下がったものの本調子ではなくぐずぐず。。。。

先生のはからいで現地集合で遠足の時間だけ参加させてもらった。

前日からピクニックの本を10回くらい読まされ
朝から「一緒にお弁当作る!」とはりきって手伝ってくれ
とっても楽しみにしていた息子。

なのに
行きの車で寝てしまい
着いてもなかなか起きない。

やっと起きたー!
けど寝起きでなかなかエンジンかからず。。。

お友達が走り回るのを見て
ようやく少しずつ遊び出した。

緑の中を走り回るこどもたち。
お花をつんだり。
笑ったり叫んだりないたり。

先生とこどもたちが手を繋いで輪になって歌を歌う。

きれいな緑と花に囲まれて
わたしは今世界で1番美しい光景を見ているかもしれないと思った。

あまりに美しくて涙がでそうになったけど、我慢した。

元気になって走り回ってお友達と遊ぶ息子を、みれて嬉しかった。

初めての遠足これてよかったね。
楽しかったね。

今日のお絵かき

ひさしぶりのお絵かき!!
やっと日常を手に入れた♪
2人ともお昼寝にはいってくれてうれしいボーナスタイム!~^^
写真 (35)
タッチ模索中。。。

ひかり

20160309-161557.jpg

いつも
いつだってわたしたちは
優しいひかりに包まれている

忘れないで。
感じて。

イメージ

少しずつ、脳内で描いたものが現実になっていくのを感じる。

つい、悪いイメージがよぎると
隣で悲鳴をあげる息子。娘。

いけない、と
虹やひかり、あたたかいイメージを描く。

わたしたちの世界はわたしたちの心がつくるんだ。

20160309-153736.jpg

タイトル「シャボン玉と息子」

20160306-111518.jpg

Page Top