育児日記 - 第三子

24 days after birth

助産師の原田先生に産後二回目のケアにきて頂いた。
今回、赤ちゃんのお世話ができるくらいに動けているのは、本当に先生のおかげ。

妊娠後期、腰痛&蓄膿で顔面痛の最悪な体調不良の時にはデポーさんの教室で助けて頂き。

36週、恥骨乖離の激痛で歩行困難になり、這いずってトイレに行っていた時、自宅までケアに来て頂いた。
治療とアドバイス、毎日できる体操を教えていただき、どんよりしていた気持ちが前に向いた。

今よりなんとかいい状態にするために!と、できることを教わった。

激痛で歩けないけど、寝たままできる骨盤体操を必死に続けた。

続けることで、そのうち歩けるようになり、おかげで最後の3週間は最低限の日常生活を歩いて過ごせた。

恥骨乖離のリスクへの不安、恐怖が大きかったけど、この3週間、やれることは精一杯やった!という気持ちから、どんな結果でも受け止めよう、と腹をくくれた。

そして迎えた本陣痛。
わずか2時間でするりと生まれてきてくれた。心配していたリスクも上手に回避して。

分娩後、
第一子の時は弛緩出血で出血多量。
第二子の時は胎盤が出てこず先生に出してもらうという悲惨な体験をした。
今回は出血も少なく、胎盤もするりと出てきて、分娩後の処置が夢のように楽だった!

必死で続けた体操のおかげだった。

そして産後、腰痛で座れなかった。(座ると激痛で動けなかった)
のでまたケアにきて頂いた。
治療と体操の指導で、赤ちゃんのお世話が普通にできるようになった。

今回、無事に出産を終え、赤ちゃんと一緒に退院できて、自分で赤ちゃんのお世話ができているのは、骨盤ケアをしていたから。

導いて頂いた原田先生、本当にありがとうございました。

妊娠期間〜お産〜入院〜退院後
と産院の助産師さんにもとてもよくして頂いた。

医師の言葉に傷ついた時には励ましてもらい

お産の時には勤務時間じゃないのに駆けつけてくれて

乳首が切れて痛みに泣きながら授乳してる時には背中をさすって励ましてくれて

助産師さんていう仕事は本当にすごいなと思う。頭が上がりません。

心より感謝を込めて。

20171129-225833.jpg
生まれてすぐ。
ほにゃ〜て顔しとる。

20171129-225857.jpg生後24日

< リストに戻る

Page Top