blog - お絵かき教室

2/9 atelier le matin浅羽聡美・浅羽雄介さんをお招きしてWS

atelier le matin浅羽聡美・浅羽雄介さんをお招きしてWSを行います!

2020年2月9日(日)10時~15時半
「造形表現を通して見えてくる子どもの姿・わたしの姿。保育者、教師、親・・・
子どもの成長に関わる方と描き・つくり・学び合うワークショップ」

A4たて_表面

A4たて_裏面

—————————————————-
正解も不正解も、良い悪いもなく、保育者、教師、親…としての自分を一旦横に置き、ひたすら、ありのままの自分に向き合う…そうして、実感される“わたし”を通して、あらためて、自分とは別の存在である子どもについて考えてゆきます。
描き、つくることは、子どもであれ大人であれ、ある意味では“自分とは何者なのか”を探究する行いといえます。”今の自分”に立つ造形表現を通して、自分の在り方、子どもへの関わり方を探っていきたいと思います。
大人が子どもの造形表現に関わる際の具体的な知識を含め、大人の在り様を対話的に学び合う一日です。
—————————————————-

2020.2.9 sun
10:00-15:30

*対象*
保育士、幼稚園や学校教諭、こどもの造形活動の講師の方など
子育て中の方も大歓迎です

*定員*
先着30名(最終締め切り2月6日)

*参加費*
5,000円
(ソライロテーブルさんのランチ付)

*託児*
ご希望の方はお問い合わせ下さい

*お申し込み・お問い合わせ*
メッセージorメールにてお問い合わせ下さい
info.kodomotati@gmail.com
①お問い合わせ
②主催者よりお申し込みフォーム、入金のご案内を送信
③期日までにご回答・ご入金
④ご予約完了
となります

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
タイムテーブル
ー9:30〜開場・受付ー
ー10:00〜スタートー
 ・チェックイン
 ・対話的なワーク1 「ゴミ」からつくる

ー12:00〜ランチ・交流会ー
ソライロテーブルさんの美味しい美しいお料理を頂きながら
参加者のみなさんでお話しましょう

 ・作品を見合う
 ・対話的なワーク2
 ・動画視聴など
 ・チェックアウト
ー15:30終了予定ー

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
持ち物
・「不用品」「ゴミ」など普段捨てているもの
(空き箱、プラスチック容器など)
・はさみ
・筆記用具、クレヨン、色鉛筆など
・作品を持ち帰る袋

※汚れても良い服装でお越しください

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

★参考(atelier le matinの実践紹介)★
保育園の「表現者たち」展

https://www.facebook.com/hyougenshatachi/

「成長する絵画」展

https://www.facebook.com/seichousurukaiga/

▪︎主催▪︎
「こどもたちの自由な表現を考える会」

https://www.facebook.com/kodomotati/

 神山純子(1106art&work)
 亀井幸子(徳島県立近代美術館)
 多田千恵子(あとりえぺた)
 山子瑞恵(03 おやこのおへや)

お問い合わせは
info.kodomotati@gmail.com
までお気軽にどうぞ

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

評価されて生きてきた自分を解放する。
不安を感じながら
迷いながら
自分と向き合う時間です。
こどもと過ごす時間、大人が主導になっていませんか。

生徒に絵を指導していると
生徒は先生を越えられない。
大人が枠をつくってしまってはいけない。
教室をする中でそう感じています。
こどもたちが、これから社会に出て求められること。導く力、自分の考えを表明できる力。他者を肯定し協調する力。
それらは自発的な遊び・創造的な表現活動を通して育まれていきます。答えがない中で、自分で感じ、考え、表現されたもの。自分と全く他にふれること。
表現のプロセスを辿ること。主体における経験、表現者としての経験が教育に求められています。

子育て、教育の現場に美術的視点を持ち込む意義。

教育・保育・子育てに疑問や迷いを持ってる方、
共感してくれる仲間に出会え・繋がっていく場にもなればと願っています。

興味ある方是非ご参加ください。

< リストに戻る

Page Top